キーワードを意識した車屋集客ホームページ

車屋集客、前回までは

前回は「ネット集客増強研究会」に関するご紹介をしました。
今回は、キーワードを意識した車屋集客ホームページに関してです。

車屋集客ホームページの「キーワード調査」

車屋集客においてホームページを制作する場合は、まずは、キーワードを決めます。

このサイトの場合は「車屋 集客」をメインキーワードとしています。

地域ビジネスなら、「地域名 サービス名」でOKなので、
車屋さんの場合は、「地域名 車検」「地域名 タイヤ交換」「地域名 廃車」などになります。

では、ここでちょっと問題です。
鈑金屋さんの場合、「鈑金」の表記に、「鈑金」と「板金」の2つの漢字がありますがどちらを使うべきでしょうか?
本来の意味では、「鈑金」を使用するのが正解のようなのですが、正解は「板金」です。
何故なら、「鈑金」より「板金」の方が検索ボリュームが大きいからです。

この検索ボリュームは「Googleアドワーズ キーワードプランナー」で調べることができます。
狙ったキーワードで1位になっても、検索ボリュームが少なければ意味がありません。
「キーワード」を決める際は、必ず検索ボリュームも考慮して決めましょう。

この、キーワードを決める作業を弊社では「キーワード調査」と呼んでおり、
ホームページを制作する前には必ず行います。

車屋集客ホームページの「市場調査」

SEOの上位検索される要因の1つとしてページ数があります。
「10ページのサイト」と「1ページのサイト」では、当然前者が有利です。
そのため、「キーワード調査」によって決定したターゲットとなる「キーワード」で実際に検索した場合に出てくる「競合サイト」のページ数によって、
制作するホームページの「ページ数」を決めていきます。

例えば、競合サイトが、10ページの場合、こちらも最低10ページのホームページを制作します。
地域ビジネスでは稀ですが、100ページの場合は、最悪100ページのホームページを制作する覚悟で臨みます。
(実際には10ページ程度のホームページを制作し、地道にブログを書いていただきページを増やしていきます。)

競合サイトの調査は、ページ構成を決めるうえで必須です。
これを弊社では、「市場調査」と呼んでおり、こちらも、ホームページを制作する前には必ず行います。

車屋集客ホームページ、検索に強いサイト構成は?

SEOに強いホームページでは、「1サイト1キーワード」が基本です。
しかしながら、「タイヤ交換」「板金」「車検」「中古車」と、1つのホームページで複数のキーワードを狙いたい場合もありますよね。
その場合はキーワードを意識したページ分けが必要になります。
「タイヤ交換」「板金」「車検」「中古車」の内容を1つのページに書くのではなく、
「タイヤ交換のページ」「板金のページ」「車検のページ」「中古車のページ」と、1ページずつ分けて制作するのが重要です。

競合サイトに勝つのに、「タイヤ交換のページが10ページ必要」な場合は、
「タイヤ交換」の部分を「サブドメイン」にしてしまうのも手かもしれません。

このように、「キーワード調査」「市場調査」を行ったうえで、
「サイト構成」を決定し、ホームページを制作することは、SEOに強いホームページの第一歩です。

SEO対策を行ってホームページの順位を上げるのではなく、
狙ったキーワードで上位検索される、SEOに強いホームページを制作するわけですね。
参考になりましたでしょうか?

車屋集客.netでは、SEOに強いページ構成の集客テンプレートをご提供しています。
すでにホームページを持っている人も、今のホームページとは別でもう1つもつことも可能です。
オリジナルデザインでさらにワンランク上のサイト制作も承っております!
詳しくは下記のURLをご確認下さい!
車屋さんの集客・ホームページ制作なら車屋集客.net

集客メルマガ配信中

集客メルマガバックナンバー

メルマガ登録はこちらから